自然栽培の餌 放し飼いウコッケイ 有精卵画像

自然栽培の餌 放し飼いウコッケイ 有精卵

商品説明


送料別のためほかの商品と同梱おススメ

【偽物の自然栽培養鶏の見分け方】
農家でないとできない自然栽培養鶏
自然栽培の養鶏といってもも1日100gの餌を食べます。
1羽で一年で36、5キロ穀物を中心に食べています。

ここで自然栽培養鶏の嘘のトリックの見分け方は、自然栽培の餌を穀物を中心に食べる鶏にあげるコストや量は手に入るか?どうかです。
クズ米も米粉やせんべい用に販売可能です1キロ200〜400円です。
36.5×300円=約1万(1羽)クズ米 10%も出ません一月900円ですが、
1反300坪で300キロ取れたとして20キロ程度です。
養鶏に回していけるほどそんなに自然栽培をしている農家は滅多にいないと思います
有精卵ですと1割はオス、その分を入れると自然栽培での餌代は卵に対してとんでもない金額になります。
夏場だけにいる虫やミミズはそんなに沢山おりませんし、草は穀物の捕食でメインではないのです
必ず一年を通して穀物を必要としています。
よく、トウモロコシが産卵が多くなるのであげている業者がいます。
日本のトウモロコシを乾燥させて餌にするほど安くはありません。
遺伝子組み換えの何倍のも経費がかかるため、自家配合(買ってきた餌を配合するだけ)と、記載している業者がほとんどです。
国産のトウモロコシの産地も聞く必要があります。
本当に国産で無農薬や自然栽培のトウモロコシが餌にするほど安いわけがありません。
1本300円はします。乾燥したら50グラム程度でしょうか?
餌を正直にやってみて痛感しました。
少し自然栽培をあげて自然栽培卵と言って販売する事で良いとしてはいけないと思います。
コンビニやスーパーや大手企業のやり方を自然栽培業者がしてはいけない事だからです。
自然栽培の養鶏は餌を自分で栽培して作らないとほぼ不可能にちかいものがあると思いました
その中で私達がお約束をする餌が以下です。

メス50羽オス15羽  必要な餌量年間2372キロ
有精卵は通常1対10(烏骨鶏)

❶自然栽培の米(年間自家製&自然栽培30年以上農林一号(在来種)のクズ米300キロ従兄弟の太田さんより)お礼に卵をぶつぶつ交換
❷コウノトリがくる小麦畑の1万年以上改良していない自然栽培古代小麦のふすま、全粒粉(年間自家製)年間数トン作っています。
❸雑草、虫、ミミズ(5〜10月)鶏舎周り
❹自然栽培の野菜クズ(自家製)実際に自然栽培野菜 1ヘクタール以上作っています。
❺無農薬栽培の野菜(自家製)
❻天然牡蠣の無塩素洗浄の貝殻(田原市さらしなさん)
以上の餌に間違いはありません。

※卵は産みたてをそのまま発送しておりますので、洗浄・殺菌等の処理はしておりません
  生で召し上がる際は、殻をよく洗浄してからお召し上がりください

責任者 直井景子
田原市 川向299
産地 愛知県渥美半島
Copyright ©女農業道 オンラインショップ All Rights Reserved.